top of page
  • 執筆者の写真te to ba <手と場>

◇天日干しジャパンリネンの春色シャツ




天日干しリネンの春色カラーシャツです。


ジャパンリネンのスタンドカラーシャツ

スタンドカラーの綺麗なカラーシャツ

スタンドカラーカラーシャツ?


書きながら、ひとりでクスっと笑っていました。


さて今日は、リネンといえばリトアニアとひたすら説明してきたのですが

ここで全く違うものを。


ジャパンリネンのシャツです。そう、麻です。

織りから加工までを日本国内で行っている、ジャパンリネンが使用されています。


天然素材本来の風合いを重視するため、小ロットでの手作業にこだわり、生布に機械的な圧力張力などを加えることなく、ゆっくりと時間をかけて精錬染色して、自然な表情を生かす為、天日干し乾燥で仕上げられています。


シワ感が味のある、ナチュラルな風合いの生地で、軽くサラッと着ることができます。





上品な印象のスタンドカラーに、前後差のある着丈が印象的なデザイン。

一枚で着ても様になり、重ね着にも使いやすいシルエットです。

コーディネートの鮮度を上げてくれる、きれいなカラーも魅力的。

薄手の生地感なので、春夏は、日差し除けの羽織りとしても使え、秋冬は、重ね着のインナーとしてもすっきりと着られる、ロングシーズン活躍してくれる一枚となっています。

着てみる前は、「私イエベ秋だし、パステルカラー苦手なんだよなぁ・・・」と思っていたのですが、着用してみると、顔色がパッと明るく見えました。


明るいお色ですが、麻に染めているからか、肌馴染みの良い色で、日本人に合わせやすい色となっているんです。



スタンドカラーにすっきりとしたディテールが大人っぽく、上品な雰囲気を漂わせます。 

両胸には直線的な形のパッチポケットがついていて、アクセントになっています。

身頃には、ほどよくゆとりを持たせているので、身体のラインを拾いにくく、着ていてとても楽ちん。

スタンドカラーのシャツにありがちな首周りや肩周りの窮屈さもありません。





癖がなく、ベーシックに着まわせるデザインですが、前後差のある着丈が印象的で、一枚で着ても様になります。フロントは、まっすぐなヘムラインですっきりとした印象です。




前から見るとすっきり、後ろは気になるヒップをカバーしてくれ、ワイドパンツともバランスのとりやすいデザインです。

体型カバーにもなって、、、なんかちょっと細く見える気がします(※自己満足)


重ね着のインナーや羽織りにも使える万能さも嬉しいところです。ちょっと肌寒いこの時期には、カーデガンやパーカーを羽織ると◎

裾がちらちら見えてもバランス良い感じで着用できます。



夏場の日差しに対する日焼け止め対策にも使えます。白いTシャツにこのシャツをボタンを開けて羽織るのがおすすめ。


カラーは3色の展開。



・サックス

ややグリーン味のある水色。春夏にぴったり。




・ピンク

淡すぎないピンクなのでかなり着やすいピンクです。





・ライラック

淡い紫色。ラベンダーのようなカラーで涼しげで綺麗です。



ジャパンリネンらしくやわらかいですが、ハリがあり、リネンらしい清涼感のある肌ざわりのシャツ。

丁寧な縫製で作られたmade in japanの良さも感じていただけます。


春の陽気にぴったりなお洋服をお探しの方におすすめです。


ではでは。



-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

色展開

・サックス

・ピンク

・ライラック


サイズ展開

M〜L(ワンサイズ)


価格

16,800円(税込18,480円)

-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page