top of page
  • 執筆者の写真te to ba <手と場>

富江の逸品その②〜浜口水産/ニク勝/蒼い森のハチミツ〈旅と富江〉⑧



浜口水産の練り物

〜五島の新鮮な魚のうまみを引き出した極上のすり身 〜



昭和14年創業の老舗・浜口水産 は「昔ながらの手作り」を原点に鮮度のいい魚本来の味を十分に引き出すことにこだわった蒲鉾作りを続けている。



現在は東京(豪徳寺)にも出店し、「五島倶楽部」という浜口水産の会員 制度は会員1万人を超え、全国的にファンも多い。




浜口水産では、仕入れた魚をその日のうちにさばき、高級ラインの製品は、保存料や着色料、でんぷんなどの添加物、化学調味料を使わない「素材本来の味」を追求した練り物にこだわり続けている。





いっぽうで20年ほど前からは漁師たちがお金にならないからと処分していたアイゴ、ブダイなどの未利用魚を買取り、積極的に活用した練り物づくりも行っている。






「ずっと もったいないと思っていた」と浜口水産の濱口貴幸さん(専務)。漁業者の収入の足しと海の資源の保全といった地域の抱える課題に少しでも役立てばと日々、商品開発に取り組んでいる。






今までの練り物とは大き くイメージを変えてスパイスや五島産の塩レモン、魚醤などを使った フィッシュハムといったヒット商品を生み出している



                                          


ニク勝の五島牛

〜確かな目利きで仕入れ 熟練の手作業で切られる五島牛 〜




「うまい肉しか売らない」極上の五島牛を味わう


「肉を買うならニク勝」と言われるほど五島のみならず全国的なファンも多い富江商店街の一角にある精肉専門店。





ニク勝のご主人、田橋且行さんは「肉の味は切り方で決まる」というポリシーを持つ。

確かな目利きで仕入れた良質な五島牛は丁寧に包丁で 筋を引き、繊維を見ながら一枚一枚 切り分けていく。



「ここではうまい 肉しか売らない」という田橋さん。 実際、希少部位の五島牛のミスジや ザブトンといった肉をいただくと口の中でとろけるようにやわらかく、うまみと甘みがどこまでも広がる。 お店では五島牛のステーキ肉から豚 肉や鶏肉はもちろん、五島牛のハンバーグも売られている。




中でも店頭 で売られている五島牛のコロッケは 大人気で、遠方からわざわざ買いに来るお客さんが絶えない。





2代目の田橋由基さん。


                                           

                                           


蒼い森のはちみつ

〜五島の四季が詰まった幻の蜂蜜 〜




口いっぱいに広がる滋味深い味わい


舌にのせるとフルーティな香りが華やぐ。さらりとした甘さの中に深いコクと舌にしみこむような心地よい酸味。 言葉ではとても表せない複雑な味わいを持つ「蒼い森のはちみつ」は、自然豊かな富江で採取した日本蜜蜂のはちみつ。



国内で販売されている99%の 蜂蜜は「西洋蜜蜂」によるはちみつで、 日本蜜蜂のはちみつは希少。日本蜜蜂は野生で飼育に適さないことが理由。 一年かけて集めた多様な花蜜を年に一 回のみ採取した「蒼い森のはちみつ」。




蜜を無理に絞り出すのではなく自然に 垂れてくるのを待つ垂れ蜜方式で非加 熱のまま採取する。じっくり時間をか けて採取したはちみつには強い殺菌力 と特有酵素がたっぷり含まれ、古くは 薬のように食されていたことも。現在 では生産が難しく幻といわれる日本蜜蜂の本来の味をぜひ楽しんでもらいたい。




最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page