top of page
  • 執筆者の写真te to ba <手と場>

旅と富江〜夢追い人の集う町へ旅をしよう①



私たちが活動する五島列島・福江島の富江町。この町の魅力や歴史をご紹介するために、以前、「旅と富江」という冊子を作りました。


これはきちんと製本して、ショップ&カフェte to ba〈手と場〉やホステルta bi to〈旅人〉にも置いているのですが、とてもご好評ですので、遠くにいらっしゃる方や、まだ五島にいらっしゃったことのない方でもお読みいただけるように、こちらのブログのほうに記事を掲載していこうと思います。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


夢追い人の集う町〜五島列島・富江町〜



「五島は太陽の近うにあっど」


富江に暮らす90歳近い元船乗りがある日、 ぽつりと言った。



〈五島は太陽に近い〉。とても印象的な言葉だった。


老爺の目は遠くの世界を憧れるように 爛々と輝いていた。 たしかに五島の日差しは強く、まばゆい光は 刻一刻と海や山に無限の表情を与え続ける。



五島の太陽が作り出す風景は見飽きることがない。



そして日が沈むのも日本の中では最もゆっくりだ。


老爺が「太陽に近い」と言った意味は、 五島が西の果てにある島だからだろうか。



五島はかつてこの国の西のフロンティアだった。 古くは西の果てにあって死者が姿を現す島を意味す る「みみらくの島」として信じられ、遣唐使船は五島を最後の寄港地として大陸へと旅立った。



五島は新たな文化が流れ込む交通の要衝であり、 新たな世界が開ける境界の島だった。


富江もまた夢とロマンの最前線だった。 豊かに広がる平野は多くの開拓者を呼び寄せ、明治 から昭和にかけて最盛期を迎えた富江近海での宝石 サンゴ漁には一攫千金の夢を求めて全国から人々が 殺到した。



当時の面影は薄れたが、自然豊かなこの小さな町 には現在、新しいライフスタイルを求める若い移住希望者が訪れる。



富江には表情豊かな光があふれ、まだまだ新たな 可能性の海が広がっている。


「さあ旅に出よう。」



"Goto is close to the sun"

One day, a 90-year-old retired seaman from Tomie said quietly, "Goto is close to the sun." Those words left a strong impression. The old man's eyes shined brightly as he stared longingly into the distance. It is true that Goto's sunshine is strong. Moreover the appearance of the sea and mountains constantly changes as dazzling rays of light dance across the landscape. Surely no one will ever become weary of observing the scenery created by Goto's sun. Moreover, here in Goto, the sun sets more slowly than the rest of Japan. Could it be that the old man mentioned "close to the sun" because Goto was the westernmost island of Japan? There was once a time when Goto was indeed the western frontier of the country. In older times it was believed to be an island where the deceased would appear, and it was named accordingly, "Mimiraku no Shima." Envoys departed for the Asian continent and made their final stop in Goto. Thus, the border island of Goto became a transportation hub that attracted new cultures. It was the entrance point to a new world. Tomie found itself situated at the forefront of dreams and adventures. In fact, the rich plains and abundant sea attracted pioneers from near and far. Coral fishing in the sea near Tomie boomed from the Meiji to Showa eras (1868 -1989). During that time, people descended on Tomie from throughout Japan in pursuit of their dreams. Though Tomie has changed since these older times, the small town still boasts a rich natural environment and attracts new young residents who seek different and innovative lifestyles. It is still true that Tomie overflows with shining light and provides a vast sea of new possibilities.

Let's embark on an adventure.

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page