​©te to ba <手と場> 2018

  • te to ba <手と場>

秘境の地


五島に移住してから、よく「五島のお気に入りの場所は?」と尋ねられることが多くあります。

五島は季節によって見え方が全然変わってしまうのですが、

今の梅雨明けから今の時期におすすめなのが、

「間伏」(まぶし)です。


奥浦地区の奥にあり、「半泊」と言われる集落のさらに奥。

非常に細い道を通りますので、運転に自信がない人は行かないことをおすすめします。

間伏に行く途中見えるのが、この「ほげじま」


五島弁で、穴が空いていることを「ほげる」と言います。

穴の開いた島なので「ほげじま」

近くまで船で行くこともできるそうです(海上タクシーなどをチャーター)

間伏は、ほげじまよりもっともっと先。

対向車がたまに来ますのでご注意!!来たらどちらかがバックをして待避所へ。

すれ違うのは、主に釣りの方か、間伏に住まれている方(1名のみ!)など!

絶対にスピードは出さないでくださいね。

間伏のすごいのは、

海の色、そしてその透明度。




もっと行きやすい場所にあったら、確実に泳ぐ人がいっぱいくると思いますが、

ここは秘境の地。

ほとんど人に会うことがありません。

もともと、この集落は5世帯あったそうですが、今はお一人のみ住まわれているとのこと。

人工的な音がほとんど聞こえず、

鳥の声や、風の音、波の音など自然の音がしか聞こえません。

季節によっては岩肌に黄色い花が咲いていたりしました。


民家のある道をのぼっていくと、山を通ってきたんだな・・・と感じます。


ちなみに晴天じゃなくともこのような海の色。


私は、この海のグリーンがとても好きみたいです。


絵の具や、パステルで表すことのできない

なんとも言えないグラデーション。

こんな可愛らしいお願いの看板も。


私はここまで一人で運転できないのですが、

友人や夫に運転してもらい度々訪れています。

実は、入籍の前日、

友人2人と夫と私の4人でここを訪れ、撮影をしました。

ちょうど、誰かが放置したのか、流れてきたのか赤いボートが落ちていて

なんだかそれがフォトジェニックに見えてきて、

ガーランドを流木に巻きつけてフォトブースを作ってみたり。


間伏の看板でも写真撮ったり。


こんなことしてみたり。


2人の思い出の場所でもあるのでこんな感じで撮影しました。

五島にはまだまだフォトジェニックな場所があるんですけど、

お気に入りの場所でちょっと特別な日の写真を撮ると

とてもよく思い出に残ります。

五島の素敵な場所、まだまだたくさんありますのでこれからも

EOS kiss、初心者向け一眼レフを持っていろいろで歩いて参ります!