• te to ba <手と場>

半泊の教会へ


今日は今週末に控える1周年アニバーサリーの仕込みを

朝からkeiさんとせっせと2人でしていたのですが、

まるで春のような天気の良さに

店の中にいてはもったいない!!

と、カメラとドローンを持って半泊(はんとまり)まで。

まだまだもちろん寒いのですが、光の入り方がとても綺麗で

海がキラキラと輝いていました。


船の上空を飛んでいる小さな白い物体がドローンです。

(私たちの間ではオペラちゃんと呼んでいます)

ドローンの撮影もしつつ、半泊に来たかったもう一つの理由が、

半泊教会。

半泊集落の奥、海辺に佇む小さな可愛らしい建物が半泊教会です。

近くには水仙の花が咲いていました。


なんだか小人や妖精が出てくる物語の中の建物のようです。

素朴な外見の教会の中に私たちが見たかったものがありました。

ステンドグラスです。

教会の内部は、写真撮影が禁止されているので

写真は掲載できませんが

そこには可愛らしいステンドグラスが2枚、はめられていました。

そしてちょうど西日が差し込んできていたため、

ステンドグラスが反射した先にとても美しい模様を作り出していました。

なかなか言葉で伝えることができない素敵な瞬間です。

半泊教会のステンドグラスを作成したのは三井楽のステンドグラス工房の

濱崎さん。

このステンドグラスを作成している最中に何度か工房へお伺いしていたので

濱崎さんの想いが詰まったステンドグラスを見ることができ大変感動しました。

教会の入り口付近にステンドグラスについての説明がありますので、

行かれた際はぜひそちらもご覧ください。

1枚1枚のステンドグラスに意味があることを知ることができます。

te to baの玄関のステンドグラスも、濱崎さんにお願いしました。


色などは私が選ばせてもらったのですが、

発注からガラスのカットまで濱崎さんがしてくださいました。

te to baも夕方になると季節によって違った場所に反射していくステンドグラスの光を見ることができます。

濱崎さんがちょうど半泊教会のステンドグラスを作成されている時に

te to baのステンドグラスの色やデザインを、私も傍で考えていたので

アンバー色のステンドグラスなど、半泊教会のステンドグラスにも入っている色が

te to baのステンドグラスにも入っています。

アンバー色は希望の色。

ステンドグラスの色を考え始めた当初は、ロゴマークの色でもあるイメージカラーのグリーンと海のブルーを中心に考えていました。

ですが、濱崎さんから半泊教会に黄色いステンドグラスを入れられる理由を聞いて

私も黄色、アンバーを入れたいと思い追加したので

教会のステンドグラスの輝かしいアンバー色を

te to baとはまた違った輝きを感じ感動してしまいました。

細く曲がりくねった道を超えた先にある絶景の地、

半泊。

その小さな集落に佇む教会

ぜひ、訪れて欲しい場所の一つです。

またドローンの映像は、今度ご紹介できたらと思います。


​©te to ba <手と場> 2018