04_海辺.jpg
gotowedding_logo.png

一生モノの記憶を五島で

好きになった人と結婚することが決まったとき
あなたはどんな気持ちでしたか?その日はどんな天気でしたか?
まず最初 誰に報告しましたか?

きっと喜んでくれるだろう
ちょっと寂しがるかもしれない

これから何かが変わっていくのかな?

嬉しい気持ちと 不安な気持ちが入り混じる そんな日々
​全部ひっくるめて一生モノの記憶となる

press to zoom

press to zoom

press to zoom

press to zoom
1/8
募集ロゴ_アートボード 1 のコピー.png

人生を共に歩んでいくことを決意し

一生モノの記憶に残る「特別な1日」を作ることを考えはじめたおふたりへ

 

 

誰に来て欲しいでしょうか?誰に祝って欲しいでしょう?

式のカタチはいろいろ 家族だけ ふたりだけ 仲間たち・・・

 

五島には青い海と白い砂浜 大自然がどこまでも広がり

そこは無限のキャンパスのよう

 

そこにあなた自身の絵を描き 笑顔と涙があふれる

​一生ものの記憶を 一緒につくっていきませんか?​

06_おばあちゃんと一緒.jpg

最高の感謝を大切なひとに贈る日

婚式をする?しない?多様な価値観が語られる今、そもそも式をしない人も

​たくさんいるでしょう。それでも結婚式というイベントを行うのはなんのためでしょうか。

多くの人が「大切な人たちに感謝を伝えたい」と答えます。

​そう、結婚式は自分たちのためだけではないのです。それはご両親のためかもしれませんし、おじいちゃん、おばあちゃん、ご兄弟や友人、お世話になった職場の人たちのためかもしれません。

その人たちの顔を思い浮かべてみてください。

感謝のカタチは、1つではなく人の数だけあります。

どんな笑顔や感動のあふれる1日にしたいですか?

Goto Weddingでは、自分らしい最高の感謝を、大切な人へ贈るお手伝いをします。

DSC08535a.JPG

自由な発想で
自分たちらしい
​想いを伝える結婚式

まずはどんな場所でどんな結婚式をしたいでしょうか?te to ba <手と場>五島ウェディングでは丁寧にヒヤリングを行い、結婚式のコンセプトのご提案から、ロケーションの選択、細かな演出のご提案を行います。

アウトドアでの結婚式の場合は雨が降ることも考え、「雨の日バージョン」の行程もご提案しています。できるだけ自由な発想の「やりたい」を形にし、自分たちらしさ、そして後藤らしさをぎゅぎゅっと凝縮していくことを大切にプランニングをおこなっています。

このHome pageでご紹介している写真もほんの一握りの事例です。

「ハレの日」を迎えることが決まったらまずご相談ください。数回のヒヤリング(オンライン相談ももちろん可能です)から、ご予算にあわせておふたりらしいカタチのプランをご提案します。あらかじめ決められたプランがないからこそ叶う「ハレの日」。

もちろん一緒に作り上げていく上で何かと大変なこともあるかもしれません。

ゼロから、本当にゼロから一緒に決めていくので。

その分、当日の達成感はかけがえのないものとなるはずです。

ご相談は、下記メールアドレスよりご連絡ください。

なお、料金等の詳細をご希望の方は、別途パンフレットを送付いたします。

パンフレットご希望の旨と、ご住所、お名前、お電話番号をメールにてお知らせください。

フォトウェディング
フォトウェディング

press to zoom

press to zoom

press to zoom
フォトウェディング
フォトウェディング

press to zoom
1/4

Photo Wedding

自分らしさを表現する
​フォトウェディング

式を挙げる予定はないけれど想いをカタチに残したい。

大切な人に今の自分だからこそ伝えられる気持ちを伝えたい。

そんな方にはフォトウェディングもおすすめ。

​te to ba <手と場>のGoto Weddingでは式を挙げない方でも写真という形で "いま"という

大切な時間を記憶に残すお手伝いをします。

島の雄大な自然の中で撮影するロケーションフォトや、誰にも邪魔されることなく存分に自己表現できるスタジオ撮影。

写真だからこそ残せる、大切な記憶のカタチ。

​離れている人にも伝わる想いがそこにはあります。

「写真で残す Goto Wedding」

大漁旗.jpg

大切な想いを伝え、記憶に残したい

長崎市から西へ100km。大小140あまりの島々からなる五島列島の福江島で

「Goto Wedding」を主催するte to ba <手と場>は活動しています。

元々は、鰹節屋さんだった廃屋を回収し、島の手仕事を伝える場として2018年に

「カフェ&ショップ」がオープン。2020年には宿泊施設「ホステルta bi to <旅人>」も完成しました。

廃屋からの改修当初、2階から大量に見つかった「大漁旗」は、te to ba <手と場>の活動の象徴的存在。

この島が江戸時代より「カツオ漁」、「宝石サンゴ漁」で大変賑わった遺産です。

大漁旗の古くは、漁船が寄港する際、帰りを待つ家族に「大漁」を知らせるために掲げた旗。その「縁起の良さ」が転じて、次第に年初めの出港や新しい漁船で漁に出かけるときに掲げたり、結婚・出産・還暦などの祝い事に贈られたりするようになりました。

旗は一枚一枚、手仕事で染められ、送り主の名前が印されています。

もう存在しない船やかつての島の歴史、贈り主の想いをずっと大漁旗は記憶し、今に伝えています。

「大切な想いを伝え、記憶に残したい」

私たちが島での結婚式をお手伝いさせていただく根幹にはそんな想いがあります。

私たちは、おひとりおひとり、丁寧に想いを聞き取り、その方にあったカタチの式を実現することをお手伝いします。

五島列島でずっと記憶に残る結婚式を作ってみませんか​?

takahama.png

エメラルドグリーンの海と美しい自然に恵まれた五島列島。

島々には、世界遺産を構成する美しい教会や空海の立ち寄った寺など神秘的な歴史遺産も数多く残ります。

 

そしてここで出会う海の幸や人々の温かさは訪れる人の心を掴んで離しません。

 

一方で、島々は超高齢化と人口減少の一途をたどっています。

このままでは人がずっと暮らし続けられる島ではなくなってしまう。

 

「五島をハレの島に!」

 

 

人生で一番幸せな時間を五島で。結婚式を挙げた場所は一生心に残り、また訪れたくなるでしょう。

 

五島ならではの美しいロケーションと食事や引出物・・・。

五島の素敵な資源を最大限に活かした結婚式を通して、島中に笑顔があふれることを願っています。

Goto Wedding プロデューサー Marie Murano

oosezaki.png