top of page
  • 執筆者の写真te to ba <手と場>

veriteco ワークショップ開催 10月13日・14日・15日

瀬戸内海に浮かぶ豊島(香川)で草木染と刺繍による創作活動をされている人気作家

veritecoさんが来島します。


身近な植物を使った草木染で布や糸を染め、唯一無二の刺繍アクセサリーや衣装に仕立て上げるveritecoさん。初心者にも草木染の方法や生活に取り入れるヒントを紹介する書籍も多数、執筆されています。

今回はte to ba〈手と場〉で特別なワークショップを開催してくれます!!



開催期間中はveritecoさんによる素敵な作品の販売や豊島の恵みを生かしたカフェメニューも登場予定。


稀人きたるワークショップ「まれびとてん vol.1」in te to ba


刺繍&草木染ワークショップ by veriteco


開催日:2023年10月13日(金)〜15日(日)

午前→刺繍ワーク

午後→染めワーク




丸1日veritecoの世界観を味わえる!贅沢なワークショップ開催。

それぞれのワークは終日参加またはどちらかのみの参加も可能です。


刺繍ワーク


2種類の刺繍から事前にお選びください。

■刺繍ブローチ

手と場のまわりからブローチデザインにしたい葉っぱを採取し草木染め糸を使い刺繍を施しブローチに仕立てるまでのワークです


■バッグ刺繍ワーク

こちらで予め用意したお弁当バッグタイプのトート(事前に栗染め済みでお持ちします)に、採取した葉っぱを平面刺繍するワークです


日時 10月13日・14日・15日 午前9時〜12時

参加費用 各¥4,950

対象 高校生以上


veritecoさんが事前に丁寧に草木染めをした糸や、バッグを使って刺繍をできる贅沢なワークショップ。

刺繍の技術は、覚えておくとハンカチやTシャツ、ご自身の好きなものにどんどんアレンジできます。


染めワーク


13日 セイタカアワダチソウ 染め(黄色)

14日 マリーゴールド他お花 染め(橙色)

15日 ヤシャブシ・栗 染め (黒色)


全日程、あらかじめ応募の際にトートバック、tシャツ、コットンストールを選択していただきます。


日時 10月13日・14日・15日 午後13時〜16時

参加費用 各¥3300 + Tシャツ代¥900 or トートバッグ、コットンストール各¥600

対象 小学生高学年以上


草木染めですが絞り等の柄作りでは無く無地の染めになります。

五島でも普段から馴染み深い植物で染めます。それぞれ、本当に美しい色に染まるんです!

習得できればご自身のお洋服やバッグなどにアレンジも可能。



参加申し込み方法


【応募方法】 info@tetoba.net または 0959-86-0750(受付8:30-16:00まで)

te to ba <手と場>まで、下記の内容をお送りください。


●参加希望者のお名前

●参加希望日程→ 13日 or 14日 or 15日

●参加ワーク→ 全日 刺繍ワーク 染めワーク


刺繍ワークご希望の方

●体験したいもの→ ブローチ or バッグ


染めワークご希望の方

●染めたいもの→ トートバッグ or Tシャツ or コットンストール



~about veriteco~ website

瀬戸内海、香川県の豊島に移り住み、野菜や植物の種を蒔き育て営む生活。

島の恵みを纏う草木染めで色を作った布や糸を植物に仕立てる。

人物、動物、植物、食物、自然界の物々の共存の中で得る幸せを身に付けるものとして形に


浅田真理子

アクセサリーのデザイン及び製作の担当

デザイン専門学校を卒業後、アパレル会社、雑貨店勤務を経て手芸材料店で勤務しながら、2007年に東京・西荻窪でVeritecoの活動を始める。

その後、布花に出会い「染め」への強いこだわりを持つ。

「いつか自分たちで育てた植物で草木染めをしたい……」そんな永年思い描いていた夢が2015年に“自然の中で生活する”という選択でかたちになりました。


浅田美樹雄

ディレクション、洋服のデザイン、パターン、縫製、染め、の工程を担当

文化服装学院卒業後、アパレル会社にパタンナーとして25年勤務の後現在に至る



著書 

「ハーブで染める花々のコサージュ」グラフィック社

「布花図鑑」文化出版局

Veritecoの草木染め 春・夏・秋・冬・手づくりのある暮らし」グラフィック社

Veritecoの刺繡図鑑」文化出版局



たくさんのご応募、お待ちしております。




最新記事

すべて表示
bottom of page